就職・転職者向け求人情報提供サイト

Producted by UKnet Co,. Ltd.


転職のコツ~幸せな転職をする為に~

 転職とは「今より幸せになる為のイベント」です!



1 退職理由を明確にしましょう
「ずっと同じ会社なので」「なんとなく今の組織が嫌なので」という曖昧、不明確な理由での退職は多くの場合良くない結果となります。
退職理由とは「自分が何に我慢できなかったのか」であり、これは次なる職場を選ぶ際の最大の指針となります。
退職理由に良い悪いはありません。他人が聞けば些細なことに思えても、ご自身の価値観の中で納得できないならそれは立派な退職理由になります。
ただし、理由が明確でないままに転職を行うと、どうしても待遇・給与などの情報に惑わされ同じ不満が発生する職場を選んでしまう、というケースが発生しがちです。
まず我慢できない理由を明確にすることで、「こんな職場は選ばない」と最低限の基準を自身に設けることが出来ます。
2 譲れない条件を持ちましょう
1で「最低でもこんな職場は選ばない」というネガティブな基準を設けた所で、今度はポジティブな基準を設けます。 転職とは幸せになる為にするもの、ということをお忘れなく!
その為に必要なのが、譲れない条件・叶えたい条件の明確化です。 年収・残業・通勤時間・ポジション・・・・・・個々人の価値観はそれぞれですので、これも良い悪いはありません。
家族の時間を持つ為、激務の大手から中堅へ。あるいは自身の市場価値を高める為、全国転勤のある大手へ。
譲れない条件・叶えたい条件を最低でも一つ設けて、設けた後は絶対にその部分だけは妥協しないこと。 貴方の価値観の中で絶対的なものを見つけた後はブレずに進みましょう
3 妥協できる条件を決める
希望が100%叶う職場が見つかればそれが最高ですが、現実的にはどこか妥協しなければならない条件があります。
その際は譲れない条件と妥協できる条件とを分けて考え、妥協できる条件はすっぱりと割り切るのをおススメします。
また、妥協できる条件には優先順位をつけておき、下位のものから諦めていくとよりスムーズに転職が進むでしょう。
この際、2で設定した譲れない条件に関しては絶対にブレない、妥協しないことが大切です。
4 複数の会社を受ける
面接に慣れている人はそうそういません。また、貴方が面接に慣れていたとしても、会社によって評価するポイントは異なります。
履歴書・職務経歴書・顔を合わせての面接などで思わぬツッコミを受けたり、修正点が見つかるかも知れません。
出来れば“本命”の会社の前に第二志望・第三志望の面接を受けておくことをおススメします。


いかがでしたか?

「当たり前のことじゃないか」と思われるかも知れませんが、意外と全部を実践できる人は少ないものです。
転職は人生の岐路と言われています。この期間を使って自分が何を重視し、何を大切にしているのか。
ご自身としっかり向き合うことで、更なる可能性が拓けてくるはずです!

では、実際の面接の際は・・・・・・? →それは「転職エージェントが明かす!面接のコツ」にて